過去に150万円借りた男のお金ブログ

キャッシングという方法を取ったとしても、色々なやり方が考えられると思います。
例えば、医療機関の場合でしたら、多額の投資金が必要になりますね。

 

それらを補填していくのは、基本的には借金でしょうが、それを返していくことも必要となるわけです。大学病院のような大きな病院であれば、何度も来てくれるリピーターを探して、あとはそれを繰り返していけばいいのでしょう。

 

しかし、色々な患者さんが来れば、色々な種類のお金も入ってくるでしょう。「カネはカネだ」という言葉も確かに存在するかもしれませんが、どうなのでしょう。おカネも色々です。赤字の上に、さらにそれを補填するために継ぎ足しただけの赤字を帳消しにするお金もあるでしょう。

 

お金を稼いでいくということ自体にも、考え方の工夫が必要になってくるはずです。どこかで働く=お給料を貰うとなり、サラリーマンとなってしまいませんか? あれ? おかしいですよね? せっかく高級な資格を取ったとしても、自立できてこその資格であるとも言えるはずなのです。

 

「お金は貯めてこそ」と言われるようです。しかし、あまりに持っていて、そのまま今日死んでしまったら…元も子もありませんね。使うためのお金でもあるはずですから…。

 

かといって、使いすぎてしまうのも問題かもしれません。「急がば回れ」という言葉もあることを皆さんはご存知でしょう。賢く生きたいものです。社会の役に立てる喜びもあります。おカネのことはしっかりと考えたいものですね。

 

もしお金が足りなくなってしまったら、こちらのサイトを参考に。
参考サイト:すぐにお金を借りるなら.jp

続きを読む≫ 2014/06/08 18:53:08

みなさん、銀行の普通口座はお持ちだと思います。貸付(−金額)も行ってくれます。公の立場からだと、制度的援助ということにはなりましょうが、それらの助成金は難関度も高く、高倍率でもありましょう。普通口座のキャッシングであれば、無難というとおかしいのですが、堅くキメルことは可能ではないでしょうか?

 

日本人は借金が苦手だと言われるようです。しかし、それにしては、ODA費や国債発行など大量額が尽きないことも、もっと問題視されなくてはいけないのかもしれない…。。

 

友達を、仲間を大切にすべきです。利用するとか裏切るとかって、終わりにしましょう。仲間です。友人です。隣人を愛せば、自分も愛されることを信じて…。

 

キャッシング・ローン。なかなか難しいことです。みな、誰か、例えば、ご両親に頼ってしまったり、かくいう自分もそうでした。しかし、乗り越えたら、視野の広がりを感じたような気がしました。それだけでなく、感謝の気持ちを持つこと、時間をうまく使うこと(時はカネなり!)などです。昔の偉人さんたちは、時にこだわりました。

 

時間を正確に測る。時間を正確に伝える。それらの時をつむぐ仕事が、今の時代ってあるんでしょうかネ?スーパースターですら、内情を見てしまえば、テレビ局の外部サラリーマン化してしまっています。

 

難度の見えにくい時代です。何でもアリです。だから難しいのです。感謝でしょうか? 感動でしょうか? 賛同でしょうか? 反論でしょうか? 創造でしょうか? 捏造でしょうか? 愛! カネ=にくい話です。

続きを読む≫ 2014/06/08 18:52:08

インターネットが展開されるようになってから、はや10年ほどが経過されようとしています。
色々なネットバブルもあり、好況だったことも影響し、色々な企業も生まれているようです。

 

インターネットをしたい。そのために、パソコンやタブレットPCが好調に売れ行きを伸ばしていて、また、それらの機能材料製造メーカーも堅調なようです。とりわけ、中国での展開が売上を図っていく上でもすさまじいものがあり、日本の良質の模倣品まで展開発売されてしまうという状況もあるようです。

 

インターネットは便利です。これまで、届かなかった商品や人をつないでくれるようになりました。インターネットで、人の交流や、商品のやりとり、当然お金のやりとりも可能です。電子マネーですね。はい。

 

しかし、不思議とこれだけ便利なのに、インターネット金融ローンというのを聞いたことがありません。まぁなかなか難しいようなのですが…。

 

インターネットなら色々な情報を吸収することができます。ずっと欲しかったけど、どこを探しても見つからなかった商品やサービスに行き着くことができます。インターネットという第三の波により、人は社会はこれからどう変化するのでしょうか?

 

楽しみです。大変です。笑えます。泣けます。戦います。逃げます。色々な状況下、色々なハプニング等も公開される時代が来てしまうのでしょうか? 秘密はどうなるのでしょうか? ネットでは、エログロナンセンスも平気で公開されています。

続きを読む≫ 2014/06/08 18:50:08

少し話がキャッシングからは逸れてしまうかもしれませんが、収入を得るということは、年々歳を重ねるごとに難しくなり、また、キツクなってしまうものです(と、私は思います)。

 

年功序列制度や終身雇用制度が崩壊しつつある昨今、会社はどこへ向かうのかといった話や、私の経営論というような流れは大いにあっても、収入を上げたとか、社員の給料を大きく上昇させたというようなニュースは流れてきません。

 

まぁあるにはあるのでしょうが、やはり色々な意味で、色々と意味を持たせるような時代でもあるのではないでしょうか?時代性とただ一緒くたに括れる話でも当然ありません。そんなことはできないからです。

 

しかし、収入は上げなくてはなりません。お給料でも貯金でも同じです。
少しずつ、1000円でもいいから上がっていかなくては絶対にダメです。

 

例えば、私が今とあるブランドの時計を買いたいと感じていたとしましょう。
しかし、収入が安定しません。先が見えません。いつまとまったお金が入るかも分かりません。

 

しかし、買わなくてはいつなくなってしまうかもしれませんし、明日はありません。

 

しかし、冒頭にも述べましたように、歳を重ねるごとに高収入を確保することが本当に難しくなる業種です。かといって、この世界の棲み分けは為されてきました。答えは簡単なのです。そう、笑えばいいのです。笑わせるというより、自分で楽しめれば、その回転が展開し、“快”く、“転”じていくのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2014/06/08 18:48:08

クレジットカードを使って買い物をしたり、住宅ローンを組んで新築したり、銀行から借り入れをしたりと、これらの行為は、基本的にはみなローンです。払わなければ終わってしまいます。

 

日本は、私的財産制度で資本主義の世の中ですから、上を見ればキリはありません。ゆえに、ローンとは、街などの看板や宣伝で見るだけのもの、とは言えるのかもしれませんね。

 

ローンをしてしまえば返さなくてはいけません。しかし、借りなくては何事をもはじめることは不可能です。みな貸し合い、貸し付けて生活しています。広義の意味で、この世の中で、借金をしていない人はいないはずなのです。

 

借りたカネは返すのが通常でしょう。自分だけの力ではなんともならないということが言いたいのです。

 

社会は大きく変容し、様々なサービスも提供されるようになりました。また、今のご時世流行っている、例えばフーゾク(風俗)はどんなものがあるのかといえば、メイド喫茶やイメクラなどでしょう。視覚的にストレートに見えるものよりも、感性に訴える商売が受けている典型なのかもしれません。

 

お金を返すためには、返すだけのお金を再度準備しなくてはいけないでしょう。それだけではありません。いつリストラされるか分からない時代です。明日からアナタの給料がもらえない。

 

今日の帰り、事故に遭って、明日から休職!ということだって考えられるのです。ほとんどの方は、ローンはしないでしょう。なぜなら、しない方が賢明だということをみな知っているからなのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2014/06/08 18:47:08

通常社会通念上は、とある所で一生懸命働いて、お金を貯めて、それから自分の好きな道を究めんがために、独立するということをよくお聞きします。基本はそれでいいと思います。

 

しかし、どこかで働いている以上、誰かに使われてしまうということは覚悟も必要でしょう。
人は人とともに動いています。違いますよね。人はペアを組んだり、1人で生きたりしていくわけですよね。

 

しかし、先立つものはおカネだと熱心に語る方もいらっしゃいます。それはそれで正しいのです。なぜなら、モトがなければ、なにもできないからです。しかし、この世の中に正しいことなど、存在するのでしょうか?

 

個室トイレが混んでいたから、優先トイレに入ってしまった…。
確かに、恥ずかしいことかもしれませんが、別になんらおかしなことではないと思います。

 

お金は生き物です。時間です。魔法です。社会です。感激です。
しかし、固執してしまってもいけないはずなのです。病気になることを恐れて、なにができましょうか?

 

傷つくことは、誰かを切れば、返り血を浴びることだってあるはずなのです。
どんどん提案しましょう。どんどん行きましょう。どんどん語りましょう。いい社会にしようじゃありませんか?

 

論文というのは、結論を先頭にズバッと書くようにしましょう。あとはゴネて、色々と言い切りましょう。それと同じことだと思うのです。社会だけではありません。小さな宇宙観を語ることすら可能なのです。みなさん、いざ! でもその後って、もうないんです。

続きを読む≫ 2014/06/08 18:45:08

クレジットカード。みなさんお持ちのことでしょう。年会費が無料だったり、各種銀行提携カードなど、クレジット会社も信用性が売りですから、色々と策を練った販売方法をしてくるようです。

 

クレジットカードは、その人の信用に基づいて決済されるので、支払いは当然後でいい、という利点があります。しかし、イコール、借金なのかというと、そうではありませんね。信用掛け払いです。昔、経営者が夕食を外食したときに、たまたま手持ち金が少なく、信用掛け払いにさせてもらったという歴史があるようです。

 

このクレジットカード。付帯サービスとして、リボルビングや分割支払い、ローン機能が付いていること、知ってますよね? このカードローン。金利が高いのが難点の1つですが、結構便利だと聞いたこともあります。

 

1度借りる。次に融資に基づいて払う。売上数字が上がる。融資へ返す。これらの繰り返しは少し大変なのですが、やってみると、オモシロさを感じてくることはあると思います。

 

会社員の方でしたら、定期収入があるでしょうから、それらを基調としてローンを組めばいいと思います。よく政治の世界などを見ていると、“生活が第一”などと語られることもよくありますが、実は皆さん自信の“消費が第一”だったはずではないですか?

 

“精一杯働くのだから、精一杯出す”のが理想なのではありませんか?しかし、現実的に「間」や「人間関係」などで、叶わなかったこともあったかもしれませんね。やろうじゃありませんか?

 

 

続きを読む≫ 2014/06/08 18:44:08

私の小さな借金経験から申し上げますと、当時私が銀行から借りたのは、都心部を中心に提供されていた、プライベートローンでした。150万円ほど融資を受けたのですが、やはり失敗でした。

 

返すのはものすごく辛く、やっとの思いで完済したのを思い出すたびに、「借金はよくないな…」と感じてしまいます。何年経っても同じ一定の金額を返済するのは、個人事業主にとってはものすごく辛く、大変なことなのです。

 

比較的、金融システムが緩やかで大きく回っている東京の場合ですと、住んでいる人も大きく稼ぐことが可能なのですが、私の暮らすとある地方の片田舎では、そういうわけにもいかないのが現状でした。

 

求人サイトを検索しても、一向に良質の求人は見つかりませんし、そもそも求人数自体が少ないのです。私の知人はこんなことを語っています。「若い頃、ゴルフ場で働きたかったけど、やっぱり地方じゃ無理よね…」と。そうなのです。地方は今かなりあくせくしてしまっているのです。苦しいのです。

 

何とかやりくりしようともがいているうちに、またお客さんは首都へ逃げてしまい、なぜか東京の一本勝ちになる。東京は都だから、それで当然と言っていていいのでしょうか?

 

地方の収入源としたら、観光と農業です。そうです、都心に比べて、たった2つしかありません。それだけで生き残っていますし、また地方も意地です。これからもそうすると思うのです。それらの中心に東京や大阪がそれぞれ築かれ、東の都、西の都と語られていますね。

続きを読む≫ 2014/06/08 18:42:08