クレジット会社も信用性が売り

クレジット会社も信用性が売り

クレジットカード。みなさんお持ちのことでしょう。年会費が無料だったり、各種銀行提携カードなど、クレジット会社も信用性が売りですから、色々と策を練った販売方法をしてくるようです。

 

クレジットカードは、その人の信用に基づいて決済されるので、支払いは当然後でいい、という利点があります。しかし、イコール、借金なのかというと、そうではありませんね。信用掛け払いです。昔、経営者が夕食を外食したときに、たまたま手持ち金が少なく、信用掛け払いにさせてもらったという歴史があるようです。

 

このクレジットカード。付帯サービスとして、リボルビングや分割支払い、ローン機能が付いていること、知ってますよね? このカードローン。金利が高いのが難点の1つですが、結構便利だと聞いたこともあります。

 

1度借りる。次に融資に基づいて払う。売上数字が上がる。融資へ返す。これらの繰り返しは少し大変なのですが、やってみると、オモシロさを感じてくることはあると思います。

 

会社員の方でしたら、定期収入があるでしょうから、それらを基調としてローンを組めばいいと思います。よく政治の世界などを見ていると、“生活が第一”などと語られることもよくありますが、実は皆さん自信の“消費が第一”だったはずではないですか?

 

“精一杯働くのだから、精一杯出す”のが理想なのではありませんか?しかし、現実的に「間」や「人間関係」などで、叶わなかったこともあったかもしれませんね。やろうじゃありませんか?