ローンして独立?

ローンして独立?

通常社会通念上は、とある所で一生懸命働いて、お金を貯めて、それから自分の好きな道を究めんがために、独立するということをよくお聞きします。基本はそれでいいと思います。

 

しかし、どこかで働いている以上、誰かに使われてしまうということは覚悟も必要でしょう。
人は人とともに動いています。違いますよね。人はペアを組んだり、1人で生きたりしていくわけですよね。

 

しかし、先立つものはおカネだと熱心に語る方もいらっしゃいます。それはそれで正しいのです。なぜなら、モトがなければ、なにもできないからです。しかし、この世の中に正しいことなど、存在するのでしょうか?

 

個室トイレが混んでいたから、優先トイレに入ってしまった…。
確かに、恥ずかしいことかもしれませんが、別になんらおかしなことではないと思います。

 

お金は生き物です。時間です。魔法です。社会です。感激です。
しかし、固執してしまってもいけないはずなのです。病気になることを恐れて、なにができましょうか?

 

傷つくことは、誰かを切れば、返り血を浴びることだってあるはずなのです。
どんどん提案しましょう。どんどん行きましょう。どんどん語りましょう。いい社会にしようじゃありませんか?

 

論文というのは、結論を先頭にズバッと書くようにしましょう。あとはゴネて、色々と言い切りましょう。それと同じことだと思うのです。社会だけではありません。小さな宇宙観を語ることすら可能なのです。みなさん、いざ! でもその後って、もうないんです。