プライベートローン

プライベートローン

私の小さな借金経験から申し上げますと、当時私が銀行から借りたのは、都心部を中心に提供されていた、プライベートローンでした。150万円ほど融資を受けたのですが、やはり失敗でした。

 

返すのはものすごく辛く、やっとの思いで完済したのを思い出すたびに、「借金はよくないな…」と感じてしまいます。何年経っても同じ一定の金額を返済するのは、個人事業主にとってはものすごく辛く、大変なことなのです。

 

比較的、金融システムが緩やかで大きく回っている東京の場合ですと、住んでいる人も大きく稼ぐことが可能なのですが、私の暮らすとある地方の片田舎では、そういうわけにもいかないのが現状でした。

 

求人サイトを検索しても、一向に良質の求人は見つかりませんし、そもそも求人数自体が少ないのです。私の知人はこんなことを語っています。「若い頃、ゴルフ場で働きたかったけど、やっぱり地方じゃ無理よね…」と。そうなのです。地方は今かなりあくせくしてしまっているのです。苦しいのです。

 

何とかやりくりしようともがいているうちに、またお客さんは首都へ逃げてしまい、なぜか東京の一本勝ちになる。東京は都だから、それで当然と言っていていいのでしょうか?

 

地方の収入源としたら、観光と農業です。そうです、都心に比べて、たった2つしかありません。それだけで生き残っていますし、また地方も意地です。これからもそうすると思うのです。それらの中心に東京や大阪がそれぞれ築かれ、東の都、西の都と語られていますね。