収入を得るということ

収入を得るということ

少し話がキャッシングからは逸れてしまうかもしれませんが、収入を得るということは、年々歳を重ねるごとに難しくなり、また、キツクなってしまうものです(と、私は思います)。

 

年功序列制度や終身雇用制度が崩壊しつつある昨今、会社はどこへ向かうのかといった話や、私の経営論というような流れは大いにあっても、収入を上げたとか、社員の給料を大きく上昇させたというようなニュースは流れてきません。

 

まぁあるにはあるのでしょうが、やはり色々な意味で、色々と意味を持たせるような時代でもあるのではないでしょうか?時代性とただ一緒くたに括れる話でも当然ありません。そんなことはできないからです。

 

しかし、収入は上げなくてはなりません。お給料でも貯金でも同じです。
少しずつ、1000円でもいいから上がっていかなくては絶対にダメです。

 

例えば、私が今とあるブランドの時計を買いたいと感じていたとしましょう。
しかし、収入が安定しません。先が見えません。いつまとまったお金が入るかも分かりません。

 

しかし、買わなくてはいつなくなってしまうかもしれませんし、明日はありません。

 

しかし、冒頭にも述べましたように、歳を重ねるごとに高収入を確保することが本当に難しくなる業種です。かといって、この世界の棲み分けは為されてきました。答えは簡単なのです。そう、笑えばいいのです。笑わせるというより、自分で楽しめれば、その回転が展開し、“快”く、“転”じていくのではないでしょうか?